コンペティション

14種類の部門があるADAAは、あらゆる分野のクリエイティブな学生のためのデザインコンペティションです。

サヴァンナ芸術工科大学
Yeojin Shin作

流れ

3月
2月24日 コンペティション開始
4月
May 2 早期応募締切
5月
5月26日 早期応募一次選考通過者を選出
6月
6月19日 最終応募締切
7月
7月25日 最終の一次選考通過者を選出
8月
8月 最終審査
9月
9月 カテゴリーごとの受賞者選出

応募資格

大学、大学院、専門学校などの高等教育機関に在籍している18歳以上の学生がご応募いただけます。応募作品はアドビ製品を使用して制作されたものに限ります。

さらに詳細な応募資格に関する情報は 公式規則をご参照ください



応募カテゴリー

14の応募カテゴリーは作品タイプによって3つの部門に分かれています

審査基準

1.作品の独創性と創造性
2.コミュニケーションの目的を効果的に満たしている
3.アドビ製品のスキルを作品に活かしている



ファインアート

ファインアート

芸術のための芸術

コマーシャル

コマーシャル

顧客のため(顧客の実在は問わない)

ソーシャルインパクト

ソーシャルインパクト

社会もしくは環境問題のため

ファインアート

芸術のための芸術

写真

抽象、風景、肖像、静物、画像編集

グラフィックデザイン・印刷

抽象、タイポグラフィ、ポスター、印刷物

イラストレーション

抽象、風景、デジタル絵画、キャラクターデザイン

アニメーション・モーショングラフィックス

短編アニメーション、ストップモーションフィルム、キネティックタイポグラフィ、手描きアニメーション

ビデオ編集・ポストプロダクション

短編実写映画、特殊効果

コマーシャル

顧客のため(顧客の実在は問わない)

写真

建築、製品、ファッション、肖像、画像編集

印刷・グラフィック・イラストレーション

広告、ブランドアイデンティティ、ポスターやバナー、インフォグラフィック、出版

ビデオ編集・ポストプロダクション

広告、ショートフィルム、ミュージックビデオ、映画のタイトル、特殊FX

アニメーション・モーショングラフィックス

広告、短編映画、ミュージックビデオ、映画タイトル、特殊FX

パッケージデザイン

飲食物、コンシューマー製品

ウェブ・アプリ・ゲームデザイン

ランディングページ、ウェブサイト、ウェブアプリ、モバイルアプリ

ソーシャルインパクト

社会もしくは環境問題のため

写真・印刷・イラストレーション・グラフィック

ビデオ編集・ポストプロダクション・アニメーション・モーショングラフィックス

ウェブ・アプリ・ゲームデザイン

主な参加学校

2013年~2015年のADAA最終選考通過者在籍校

PBD School

教育関係者向けコミュニティ

役員

Adobe Design Achievement Awardsを世界で有数の高等教育機関の学生向けのデザイン、映像、インタラクティブメディアのコンペティションに押し上げている立役者を紹介します。

写真

例:抽象、風景、肖像、静物、画像編集など

単一の画像または最大10枚までの一連の作品群。表現、美学、芸術のために制作されたもの。

公式規則をダウンロード[PDF]

グラフィックデザイン・印刷

例:抽象、タイポグラフィ、ポスター、印刷物など

表現、美学、芸術のために制作されたデジタルまたは印刷デザイン。

公式規則をダウンロード[PDF]

イラストレーション

例:抽象、風景、デジタル絵画、キャラクターデザインなど

表現、美学、芸術のために制作されたデジタルまたは印刷されたイラストレーション

公式規則をダウンロード[PDF]

アニメーション・モーショングラフィックス

例:短編アニメーション、ストップモーションフィルム、キネティックタイポグラフィ、手描きアニメーションなど

表現、美学、芸術のために制作されたCGグラフィック、視覚効果、複合テキスト、または描画された画像のデジタル複製のいずれかを複合したもの。最初の5分間のみが審査の対象です。

公式規則をダウンロード[PDF]

ビデオ編集・ポストプロダクション

例:短編実写映画、特殊効果など

表現、美学、芸術のために制作された映画的もしくは実写映像。CGグラフィック、視覚効果、画像のデジタル複製のいずれかを複合したもの。

公式規則をダウンロード[PDF]

写真

例:建築、製品、ファッション、肖像、画像編集など

単一の画像または最大10枚までの一連の作品群。実在もしくは非実在の顧客のために制作されたもの。製品や人物、サービス、場所、イベントの宣伝目的のために制作されることが多いですが、それに限るものではありません。

公式規則をダウンロード[PDF]

印刷・グラフィック・イラストレーション

例:広告、ブランドアイデンティティ、ポスターやバナー、インフォグラフィック、出版など

実在もしくは非実在の顧客のために制作されたデジタルまたは印刷デザイン。製品や人物、サービス、場所、イベントの宣伝目的のために制作されることが多いですが、それに限るものではありません。

公式規則をダウンロード[PDF]

ビデオ編集・ポストプロダクション

例:広告、短編映画、ミュージックビデオ、映画タイトル、特殊FXなど

実在もしくは非実在の顧客のために制作された映画的もしくは実写映像。CGグラフィック、視覚効果、画像のデジタル複製のいずれかを複合したもの。製品や人物、サービス、場所、イベントの宣伝目的のために制作されることが多いですが、それに限るものではありません。

公式規則をダウンロード[PDF]

アニメーション・モーショングラフィックス

例:広告、短編映画、ミュージックビデオ、映画のタイトルなど

実在もしくは非実在の顧客のために制作されたCGグラフィック、視覚効果、複合テキスト、または描画された画像のデジタル複製のいずれかを複合したもの。製品や人物、サービス、場所、イベントの宣伝目的のために制作されることが多いですが、それに限るものではありません。

公式規則をダウンロード[PDF]

パッケージデザイン

例:飲食、コンシューマ製品など

実在もしくは非実在の顧客のために制作された製品包装、容器、ラベル、袋などのデザイン。製品や人物、サービス、場所、イベントの宣伝目的のために制作されることが多いですが、それに限るものではありません。

公式規則をダウンロード[PDF]

ウェブ・アプリ・ゲームデザイン

例:ランディングページ、ウェブサイト、ウェブアプリ、モバイルアプリなど

実在もしくは非実在の顧客のために制作されたインタラクティブなウェブサイト、モバイルアプリ、またはゲーム。製品や人物、サービス、場所、イベントの宣伝目的のために制作されることが多いですが、それに限るものではありません。

公式規則をダウンロード[PDF]

写真・印刷・イラストレーション・グラフィック

社会問題もしくは環境問題に影響を与えるために制作された静止画(もしくは一連の静止画作品)

公式規則をダウンロード[PDF]

ビデオ編集・ポストプロダクション・アニメーション・モーショングラフィックス

社会問題もしくは環境問題に影響を与えるために制作されたビデオ、アニメーション、またはモーショングラフィックス作品

公式規則をダウンロード[PDF]

ウェブ・アプリ・ゲームデザイン

社会問題もしくは環境問題に影響を与えるために制作されたウェブサイト、モバイルアプリ、またはゲーム

公式規則をダウンロード[PDF]

Heidrun Mumper-Drumm

Vice President, ico-D and Professor, ArtCenter College of Design

A graphic designer, Heidrun Mumper-Drumm is a Professor and Director of Sustainability Initiatives at ArtCenter College of Design and Vice President of ADAA partner ico-D. Since 2003, she has focused on developing a design curriculum that teaches a lifecycle assessment methodology and integrates sustainability into the design process. This comprehensive approach expands both the context and the purpose of design, allowing the designer to address the multiple goals of form, function and sustainability. She speaks and conducts workshops for professional organizations and companies, and helped develop the sustainable product and service selection guidelines for the Sierra Club Green Home website.

As a former environmental engineer for Bechtel and Parsons Engineering, her background includes nuclear, geothermal, and solar and wind energy projects, as well as environmental management for NASA and the US Air Force. In addition to teaching, she is engaged in research to develop a methodology and tools for the integration of lifecycle thinking into the design and development of sustainable products and services.

Penny Ann Dolin

Arizona State University

Penny Ann Dolin has taught in ASU’s Graphic Information Technology program for 15 years and is currently its program director. This major explores web technologies, print and design, and visual (photo and video) technologies. Dolin founded the GIT Commercial Photography Studio at ASU and manages the Technical Imaging Lab, which explores high-speed imaging and stroboscopic and thermal photography. She has been involved in numerous STEM grants, incorporating photography and science in an accessible and fun way for K–12 students. Dolin has worked with Adobe software for nearly 20 years, and it has been at the core of many of her curriculums.

Klaus Delanghe

Howest University College

Klaus Delanghe is a digital media expert who merges code and design skills. Based in Belgium, he teaches web design and development at Howest West Flanders. He plays a leading role in the New Media and Communication Technology IT program and was one of the founding members of the college’s Devine/Digital Design & Development program, a three-year curriculum focused on screen design and development skills with the aim of molding the next generation of interactive designers and developers. Delanghe speakes at various international conferences and is a founder of the Mulit-Mania conference, which annually welcomes an inspiring mix of 2,000+ students, educators, and industry professionals.

Jean-Benoit Lévy

Visual communicator, San Francisco

Jean-Benoit Lévy is a visual communicator who has been active in graphic design since 1983 after his studies at the Basel School of Design in Switzerland with teachers such as Wolfgang Weingart and Armin Hofmann. Levy became a U.S. citizen in 2008 and is now living and working in San Francisco, California, as founder of Studio AND.

From logos to corporate identities, from postage stamps to coin design, from street posters to book design, his professional experience is wide. His work has been awarded in international competitions and published in books and magazines.

Since 1991 Levy has taught regularly, including courses at San Jose State University and Academy of Art University. He also lectures at various schools in Europe, Japan, and the United States. In 1988 he opened his studio “A N D”. This studio, located in Basel have been active in Switzeralnd until 2006. He is a member of AIGA and the Alliance Graphique Internationale (AGI).

Willy Wong

chief creative officer at NYC & Company

Since 2006, Willy Wong has led the creative vision and strategy for global branding, advertising, and design of major initiatives and programs for the city of New York. Wong also serves as graduate thesis advisor at the School of Visual Arts in both the MFA Interaction Design and MFA Designer as Entrepreneur programs, adjunct at New York University’s Center for Advanced Digital Applications, President of AIGA/NY, and advisory board member to SXSW Interactive.

Andrew McAllister

OCAD University, Toronto, Ontario

Andrew McAllister manages the creative computing environment at OCAD, from student and faculty computing to leading innovative web development.

As a practicing artist, McAllister creates video, audio, interactive, and photographic works, some of which have been funded by the Canada Council for the Arts, Ontario Arts Council, and Toronto Arts Council. McAllister’s videos and photographs have been shown at the International Biennale of Contemporary Art (Prague), the CONTACT Photography Festival (Toronto), the imagineNATIVE Film + Media Arts Festival (Toronto), Century Gallery (London) and Sis Boom Bah (Toronto) in Out and About, GARDENfresh (Chicago), Oxo Tower (London) in Response/Ability, and FotoFestival Naarden (Netherlands).

Mike Patterson

animator and video director

Mike Patterson is an animator and director of music videos, commercials, and blended media projects. He began his career in 1985 by animating the epic MTV hit Take On Me for a-ha. Teaming up with his wife, Candace Reckinger, he directed a string of MTV hits that included Suzanne Vega’s Luka, Sting’s Be Still My Beating Heart, and Paula Abdul’s Opposites Attract, which won the Grammy Award for Best Music Video.

As a director at Rhythm & Hues Studios, he worked extensively with blending live action with animation and visual effects. His work has received numerous awards, including Clios, and has been featured in the Super Bowl. A DGA veteran since 1993, he continues to direct and design commercials internationally.

Patterson studied animation with Jules Engel at CalArts, where he produced his Student Academy Award–winning animated film Commuter. In fall of 2006, Commuter was added into the Museum of Modern Art’s permanent collection, along with seven Patterson-Reckinger music video clips.

Andrew Phelps

Rochester Institute of Technology

Andrew Phelps is founder and director of the RIT Center for Media, Arts, Games, Interaction, and Creativity (MAGIC). In 2001, Phelps offered the first course in game programming at RIT. The course quickly grew into a concentration of courses. He led a faculty team in designing both bachelor’s and master’s programs in game design and development. He also created the Department of Interactive Games & Media, which became a school in 2011. Phelps is now a full professor in that school. Alumni of this program have worked throughout the industry and have had a profound impact on the field.

Brian Lucid

Massachusetts College of Art and Design

Brian Lucid is a designer, educator, and consultant whose personal and professional work spans from traditional communications in static and temporal media to algorithmic design and physical/digital interfaces.

Lucid is a professor of graphic design at the Massachusetts College of Art and Design in Boston, Massachusetts, where he also serves as one of the core faculty members of the Dynamic Media Institute, a graduate program focused on design research at the intersection of technology and communication.

At MassArt he has developed innovative curriculum in the areas of typography, visual systems, information design, interaction design, user experience, and service design. Recently, he has been writing curriculums introducing visual thinkers (and the math-adverse) to computer programming for creative applications.

Lucid speaks at national and international conferences dealing with dynamic media, information design, and design education. He was the co-organizer of the 2008 AIGA design education conference titled Massaging Media 2: Graphic Design in the Age of Dynamic Media, the first AIGA conference specifically focused on dynamic media.

Recent clients range from design agencies to cultural organizations to corporations, including Adobe, Isabella Stewart Gardner Museum, The Barbarian Group, Upromise, Proximity Lab, the Education Development Center (EDC), Trinity Communications, and SolidWorks.

Stephan Powilat

creative director at LABOR, Germany

Stephan Powilat, a 2006 ADAA Print Design category team winner, is co-founder of LABOR - Modern Communications, an agency based in Mainz, Germany. The work of Powilat and his team has won awards from TDC, ADC, Red Dot, IF Design, and the Raymond Loewy Foundation. Since 2007 he and partners Mathias Vogel and Florian Lange have been responsible for the Adobe Design Achievement Awards creative work. Powilat also does work for numerous and varied clients, from cancer research and nonprofit associations to political institutions and TV broadcast companies, combining the disciplines of design, software, and marketing.